FC2ブログ

火災保険をご検討されている皆さまへ

IMG_5125.jpg


こんにちは。
気づいたら前回のブログから半年経過しておりました、、反省です。
現在お客様レポートを作成中ですので、追って更新していきたいと思います!

久しぶりにホケンのお話をします。
タイトルにもありますがテーマは火災保険についてです。

最近では賃貸住宅よりローンを組んで家を建てられる方も増えてきました。
また新しく家を購入される場合、火災保険を検討される方がほとんどかと思います。

万が一火災で全焼してしまったり、台風や地震で家が壊れてしまったり、
空巣に入られ盗難にあったり、とさまざまなリスクがありますが、
火災保険に加入していればプランによっては保険で保障されるのが特徴です。

また保険期間も1年から最長36年まであり、期間が長ければ長いほど保険料が割安で
加入することができますので、当社でも長期でご加入することをおすすめしております。

そんな自宅のお守りである火災保険ですが、実は2015年10月以降は保険期間が
最長36年から最長10年までと大幅に短縮化されます。(※大手損害保険会社)
これは最近起きた地震や集中豪雨、異常気象などの自然災害が頻繁に増え、
長期予測が難しくなったためです。

最近家を建てられた方、10月までに入居される方はまだ長期火災保険に加入することが
できますが、逆に10月以降に、長期にわたる契約を希望する場合は、
最長10年契約を更新していく流れとなります。

この10年超の火災保険廃止は、意外に皆さん知らない情報なので、もし新築
を建てているお知り合いやお友達がいましたら、ぜひ教えてあげてくださいね。

駐車場内での事故

IMG_3658.jpg

先日の事故です。
週末21:00頃に「駐車場にある無人の車をぶつけてしまった」と連絡が入りました。
この時は事故現場からだいぶ離れていたため、取り急ぎ電話対応にさせてもらいました。

このようにぶつけてしまった相手が無人で連絡がとれない場合、下記の対応がよいかと思います。
まずは最寄りの警察署へ連絡をして事故現場で受付をしてもらいます。
事故受付を終えたら、相手の車に貼り紙をして連絡を待ちます。
この際、警察の方に相談すれば貼り紙のアドバイスをしてくれます。
(不注意でぶつけてしまったため警察へ届出をしました。また連絡を下さい。といった内容)
これで相手様から警察署、またはぶつけてしまった方へ連絡がいき、
その後はこちらで対応させていただく流れです。

一般的には事故受付後の対応は、代理店や保険会社で対応していくのですが、
今回はお相手さまが同じアパートに住まれる方だったため、
今後も顔を合わすことがあると思い、菓子折りを持って謝罪することをおすすめしました。

また私の契約者様は女性で、相手が男性だったこともあり念のため私も同行で謝罪をする形にしました。
理由は女性だけでは危ないこと、また口約束をしてしまう可能性があるからです。
結果、相手様より「当て逃げしてしまう人もいる中、正直に言ってくれて良かったです」と言って下さいました。

悪いと思ったことは素直に謝ることで、必ず相手にも気持ちは伝わります。
中には事故での態度で相手ともめてしまう事故案件もあるので、気をつけなければなりません。

生命保険の勉強会

会議後の懇親会

一昨日は毎月行われる生命保険の勉強会。

当社取扱いの三井住友海上代理店9名で結成された会で、
岡崎・刈谷・安城・蒲郡・豊川など拠点はさまざまです。
年齢も30~40代の営業マンが集まっています。

勉強会は主に保険商品の勉強や各自進捗が中心です。
各成績は全てオープンなので月によって良いとき悪いときもありますが、
私はこの勉強会を毎回楽しみにしています。

私たちの営業職は毎日たくさんのお客様とお会いする仕事ですが、
日々の業務に追われながらの面談、事務処理、事故があれば現場に向かうように
突発的な仕事も多く、なかなか同業者でゆっくりと話す時間がありません。

そんな中この会議だけは必ず参加できるよう時間を作り、
勉強会の後はみんなで食事をしながら親睦を深めます。
ある意味ここからがメイン(?)のようで、メンバーにはお酒好きな方も多いためか
終電ギリギリまで飲んでしまうこともあります!

日々さまざまなことが起こりますが、
商品・業務は同じなので仕事がうまくいかないときはメンバーに相談をして、
今まで助けられてきました。

また今日からもお客さまのお役に立てるよう、頑張ります!

交差点内での事故

交差点での事故

今朝は交差点内での衝突事故。
おケガもあると聞き、大至急事故現場へ向かいます。

到着するとゴミ集積所に2台突っ込んでいました。
電話を受けた際にも損害もひどく自走できないと判断したため
お世話になっているロードサービス豊橋さまに対応いただきました。

現場は閑静な住宅街の信号がない交差点で、
お互い一旦停止の標識がないため双方でぶつかってしまい、
その勢いでゴミ集積所に突っ込む形で止まったそうです。
こちらはバンパーの凹み、エアバッグが出ている状態で、
相手は助手席ガラスが割れて車内に散乱していました。

そして事故相手とお話をしていた際、
「保険は入っていません」とのことでした。
無保険状態で自動車事故を起こしてしまったのです。

ということは、今回の事故について全て自分たちで処理を
しなくてはなりません。
保険知識がないと大変だと思いますが、事故は自己責任です。

信号のない交差点で一旦停止がなくても、徐行を徹底すれば事故は防げます。
これからゴールデンウィークが始まれば、自動車事故率も上がります。
特に高速道路での事故が増えますので、皆さん安全運転を心がけましょう。

■ロードサービス豊橋さま [豊橋]

飛び石事故

1.jpeg

新たに2件の事故連絡がありました。

まずは業務用トラックを運転されているお客さまが
高速道路を運転中に飛び石被害に合い、フロントガラスにヒビが入ったのご連絡です。

二つ目も軽自動車のフロントガラスにキズがあるのを発見したと連絡が入り、
それぞれ現車確認をさせてもらいました。

このような飛び石被害は、よくある被害事故のひとつです。
修理代もガラス代+工賃で10万円前後でしょうか。(意外にかかります)

飛び石事故発生は高速道路上が多く、ヒビを放っておくとさらにキズが広がり
危険ですので、早めに交換をしていただくことをオススメします。
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する